仮想通貨の法整備について

仮想通貨は現在日本において法整備をされている真っ最中です。この法整備ですが、仮想通貨利用者もしくはこれから仮想通貨を購入を考えている方にとっては朗報になります。まず、仮想通貨が問題視されている理由としては透明性がないのが問題でした。つまり、仮想通貨の販売実績がない会社が仮想通貨を新しく申請する場合、言い方が悪いかもしれないですがお金欲しさに仮想通貨を販売するという手法でお金を稼ぐことができたわけです。この部分が新しい日本の仮想通貨の法律では資産が1000万円以上ありプラスとして成長し続けている企業でないと仮想通貨の販売業に参加できないという決まりが作られています。この決まりに従えば、利益を上げていない会社が仮想通貨を販売するということで利益を一時的に上げて逃げるということを防げるというわけです。この仮想通貨業者の登録制に関する法律はかなりプラスになり、簡単に言えばお金欲しさに適当に仮想通貨を運営し逃げ出す業者を締め出すための法律です。他にも取引の決まりとしては、帳簿を残し銀行業務のように取引の証拠を残しておくなど不正の対策を取っていないと罰則が設けられている点も仮想通貨を利用、もしくはこれから仮想通貨を購入してみようと思える方々には利点となります。要は、罰則の規定があやふやで仮想通貨を販売している取引所もしくは仮想通貨のシステムを開発している会社に落ち度があるのに、責任を取らず、業務を行っていたということが問題視されていて、そのことに対して罰則を求められるようになったので、利用者としては、自己責任であった部分の幾らかが企業の責任となるわけです。つまりは仮想通貨が日本においてあまり活発に参入者が現れなかったのはこの自己責任の部分です。仮想通貨を開発、販売している企業に落ち度があるのになぜか利用者に責任があるとされていた問題が解決されていく可能性が高いということです。この法整備、日本だけではなく中国やアメリカも同様でマネーロンダリングに使用されたりもするため法整備が急がれています。日本も同様にマネーロンダリングの疑いがある取引については名義を確認し監視をしますのでこういった行為は減少するとみています。このように新しい法律が稼働することでより新しく仮想通貨へ参入する業者が増える可能性と、利用者が増える可能性も高くなりました。無法地帯だった場所をルールを作ることにより健全にすることで街に人が住んでいっている状態が現在の仮想通貨であると考えるとよいでしょう。私は、仮想通貨のルールを鮮明にすることでさらに利用者は増えるとみています

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です